スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

PRIMAL SCREAM at Zepp Fukuoka 18 march 2004


行って参りましたプライマル・スクリーム!結果から申しますと、「エクセレント!」でした。正直、何年か前に見た彼らのライブで「やっつけ仕事」でやってるという悪い印象を受けたので、ライブ自体は期待してませんでした。ローゼスのマニ、マイ・ブラッディのケヴィンを見れればいいやくらいの気持ちで会場時間を過ぎてから家を出ました。しかし、そんなのんびりモードに喝が入る出来事が!


会場の近くには「トイザらス」があるんですけど、そこを通り過ぎようとしたとき、外国人の男女がいました。「ああ、彼らもライブ見に行くのか」程度で近くによると、なんとベースのマニじゃーないですか!あのマニですよ!まわりには誰もいない・・・マニはアディダスのジャージを着て、手には買ったとばかり思われる大きなトイザらスのショッピングバッグ(自分のって言ってました)・・・唖然としたオレの顔を見て、マニの方から「Hi!」と握手を求められました。まだ、言葉が出ません。またまた彼の方から「今から来るんだろ?」と言われ、やっと言葉が・・・彼は力持ちのポーズ(わかる?)を決めて「いいライブやるぜ!」(多分)と言って去って行きました。
もう放心状態。そんな感じで会場へ。


Zeppに入ってまずビールを一気に2杯かっ食らいホールへ。SEには彼らのルーツのパンク、デトロイト・パンク、ガレージなどが流れ、さすがにテンションも上がる!


予定時間を10分程過ぎた頃、客電が消え彼らが登場!
演りたくてしかたないのか、ボビーがいきなりザ・フーもカバーした名曲"SHAKIN' ALL OVER"を歌いだし、メンバーもつられて演奏!(さわりだけ)もうブチキレたぁ〜!
そんな出だしで"ACCELERTOR"を!「おお!ケヴィンがギターを弾いてるっ!」「マニが!」「ボビーかっこええ!」もう憶えてない。それから中だるみすることなくライブは続きました。よっぽど歌いたかったのか、歌の間あいだにスタンダード・ナンバーばかり口ずさむボビー。とにかくゴキゲン!(効いてたのかも[笑])


アンコールは2回!ボビーもマニも「東京よりもいいぜっ!フクオカ!」とノリノリ!そしてセットリストにはなかったMC5のカバー"KICK OUT THE JAMS"で締めくくり!なんてかっこええんや!


ケヴィン、マニを見れてもちろん最高だったけど、やっぱボビーがかっこええわ。ジャンキーというイメージを植え付けられた前のライブと違い、ただのロケンロー大好き人間といった感じのボビーがグイグイ引っぱるライブにノックアウトっす。マイクスタンドに寄りかかり歌う姿は、どこかジム・モリソンを思わせメッチャヤバかったっす!ホントよかったぁ〜。


一夜明けた今日、プライマルはもちろん、ストゥージズ、MC5、ザ・フーを聴きまくって余韻に浸ってます。


最後に、チケット取り&スタッフにもらったセットリスト&彼らのMC翻訳&興奮収まらぬままの酒につき合ってくれたTIMに感謝!


セットリスト
(TIMがPAスタッフにもらったセットリスト)

<< prev / Page 1 of 1 / next >>