スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハルヨシ・ミウラ

San Francisco to Tokyo EP

San Francisco to Tokyo EP / Haruyoshi Miura (2009)

最近のヘヴィー・ローテーション。 サンフランシスコ在住、メキシコ生まれの日系人ハルヨシミウラの最新EP。
シンニシムラのレーベル「PLUS RECORDS」からのリリース。
詳しいことはな〜〜んも知らんけど、メッチャ気持ちいい音っす。
"Don't Hesitate"のクールさといったら。。ココチイイテクノ。

*PLUS RECORDS

ジュニア・ボーイズ

Junior Boys / So This Is Goodbye

So This Is Goodbye / Junior Boys (2006)


カナダ出身のJeremy GreenspanとMatt Didemusによるエレクトロ・ポップ・ユニット「Junior Boys」のセカンド・アルバム。ネオ・アコのような極上のメロディーとエレクトロニカを駆使したサウンドは、オイラのようなオッサンには80'sニューウェイブやテクノ・ポップあたりの匂いを思い出してしまう。踊るもよし、聴くもよしのナイスなポップアルバム。


* Junior Boys Official Web Site

リズム&サウンド

See Mi Yah Remixes

See Mi Yah Remixes / Rhythm & Sound (2006)


去年BURIAL MIXでリリースされた「See Mi Yah!」のリミックス集。7incで出された4枚をまとめたもの。
ベーチャン一派をはじめ、ミニマル、デトロイトなど様々な方面のアーティストがリミックスで参加。やっぱ今までのエレクトロニカ&ダブ路線のBURIAL MIXとは違って、テクノ色が濃く出てます。必聴はしょっぱなの#1。ベーシック・チャンネル改めRhythm & Sound自身によるリミックス(リシェイプ)。久々に聴くベーチャン、M路線の音。これに喜んでいる輩は多いはず。
Rhythm & Soundに馴染めないベーチャン好きにも納得の1枚。


* label site (basic channel)

ボーズ・オブ・カナダ

The Campfire Headphase / Boards Of Canada

The Campfire Headphase / Boards Of Canada (2005)


エレクトロニカの世界では確固たる地位を築いているボーズ・オブ・カナダの3rdアルバム。このアルバムではギターやオルガンなどアナログな楽器が使用されていて聴き心地のいい音になってます。前作の「怖さ」はなく、アンビエントともちょっと違うんやけど安らげる感じ。オーガニックとエレクトロニカとサイケデリック。気持ちよか。


* Boards Of Canada official web site

クラフトワーク

Tour De France Sound Tracks

Tour De France Sound Tracks / Kraftwerk (2003)


自転車レース「ツール・ド・フランス」の100周年を記念したサントラ盤。オリジナル・アルバムとしては17年ぶりになるそう。
テーマ曲3曲はなんとなく今っぽいけど、あとはキッチュなクラフトワークの音。なにも変わってない。テクノなのにレトロ?”テクノ”というより”コンピューター”といった感じか?
眠れるわけでも踊れるわけでもないクラフトワークの音。好きです。


*web site

リズム&サウンド

See Mi Yah

See Mi Yah / Rhythm & Sound (2005)


リズム&サウンドのBURIAL MIXシリーズシングル集の第3弾!
以前リリースされていた7インチ7枚組の限定パック版をコンパイル。
内容は文句なしなのは当たりまえ!深いねぇ〜。かっこええねぇ。
ルーツシンガーSUGAR MINOTT、STUDIO 1の出身のシンガーWILLI WILLIAMSなど以前にも増して充実したシンガー陣。それぞれのシンガーの持ち味+リズム&サウンドの深みのあるサウンドにノックアウトされること請け合い!

プレフューズ73


Extinguished : Outtakes / Prefuse 73 (2003)


プレフューズ73の最新作"ONE WORLD EXTINGUISHER"のアウトテイクを集めたミニ・アルバム。全曲をミックスでつないでて、かなりイイ感じ。いろんなとこで見る「 エレクトロニカ、チルアウト、アンビエント、ヒップ・ホップのブレンドに知性を足した・・・」っていう評がよくわかる。色んな意味で刺激的なサウンドで聴きごたえありです。
一瞬ダイナソーJr.と思われる曲が聞こえるところにニヤリ。


*web site

<< prev / Page 1 of 2 / next >>