スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

レッド・ツェッペリン

Physical Graffiti

Physical Graffiti / Led Zeppelin (1975)


ツェッペリンの6枚目のアルバム。アナログでは2枚組の変形ジャケ仕様。ハードロックのイメージが強すぎて聞かず嫌いだったツェッペリン。何年か前から聞けるどころかこの人達の懐の深さの虜になってしまった。ヘビメタの元祖といわれる初期ハードロックのバンド達とは格が違う。現在では当たり前のリズムアレンジなどはこの人達が何十年も前に発明。とにかく最大の魅力はボンゾのドラム!地味かもしれんがジョン・ポール・ジョーンズの黒いベース・ラインもイカス。ギター、ベース、ドラムという最小限のアンサンブルをどげんかこげんかして唯一無二にしていったソング・ライター、ギタリスト、アレンジャー、プロデューサー、エンジニアとしての顔を持つジミー・ペイジの力量もやっぱスゲー。ハード・ロックだヘビメタだなんていう”くくり”を捨てて素直に聞くと、おもろいもんがいっぱい詰まってまっせ!1stもオススメしときます。
"Custard Pie" "House Of The Holy" "The Wanton Song" を聞け!


*web site (japanese)

スポンサーサイト

+ COMMENTS :
+ POST A COMMENT :













+ TRACKBACK URL :
http://morganfield.jugem.cc/trackback/186
+ TRACKBACK LIST :